バイナリーオプション入門ガイド

FXには色々な売買のやり方がありますが、その1つはデイトレです。
デイトレは、その日の内に決済をするやり方になります。当然ですが、その金融商品で売買をする時には必ず決済をする事になりますね。その決済をするタイミングは、必ず当日中になるのです。翌日ではありません。
ちなみに金融会社などのトレーダーの方々は、たいていそのルールで売買を行っています。翌日以降に建て玉を持ち越してしまいますと、会社から怒られてしまうのです。
そのやり方による売買のメリットなのですが、ある程度損を限定できる点です。必要以上に先延ばしにしてしまうと、損は膨れ上がってしまう可能性があるのですね。
例えばその日の内に決済をすれば、どれだけ相場が動いてもせいぜい1円くらいだとします。ところが翌日以降に持ち越してしまいますと、1円程度では済まない事もあるのですね。数日間持ち越せば、数円程度の損が発生する可能性もあるでしょう。もちろん1円程度に抑えられれば、その分リスクなども低くする事ができるのですね。
この考え方は大切だと思います。この金融商品は、リスクが一番大事なポイントになるからです。
上記の話はデイトレですが、もっと短めな期間にしてみても問題無いと思います。例えば1時間ルールですね。新規で注文して建てた玉は、必ず1時間以内に決済をするというルールです。1時間程度であれば、基本的にはそれほど大きく金額が動かないものです。もちろんその分、損失を限定する事もできるでしょう。
逆にもう少し長めにしてみるやり方もあります。デイトレでは1日単位ですが、長くても3日以内には決済するやり方もあるのですね。どれ位の期間に設定するかは、人それぞれです。長くても10分以内に決済している方も、中にはいらっしゃいます。
FXは、リスクを上手くコントロールしなければならない一面があります。それをできるだけ低く抑えるためにも、上記のような「一定期間以内に決済する」というルールを採用してみるのも一法でしょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 15:02:01

FXに付いての内容的な話ですが、まずは、外国為替証拠金取引(がいかわせこくしょうこきんとりひき)と語源は英語で(Foreign.cXchange)略語FXと言いますので、次は外国為替とはひと言で言えば(異なる2国間の通貨を交換する)事で例えば、円とドルに円とユーロ等の交換をする事を言います。言わゆる外貨両替の事かも知れません。この外貨両替の場合は、銀行や空港等にある両替所や両替機で例えば日本の円札とアメリカのドル札を等交換(両替手数料は差し引かれます)するものですが、ある意味でこれは例外的と言えるかも知れません。そもそも為替と言うのは、基本的に現金の輪送、移動を伴わずに決済する方法の事を指すからです。FXは広く外国為替全般のなかでもより為替と概念に近いものだと考えれます。もともとFXはマージンFXと言う呼び名が発祥するものだからなのです。マージンとは(売買の差額金)
あるいは(証拠金)の事を指し、いわばFXとは(デジタルな取引)を前提とする外国為替取引の事を指し表しています
。FXは他の方法に勝てる極めて有力な外国為替取引の投資と言う事になるのです。少ない金額から始められる。FXを始めたいと思っている人にとって最大の魅力がこの点です。取引額に対して数%~数十%の金額をFX会社に預け
入れるだけで取引を始める事が出来るのです。仮に1ドル=100円の時に、1万ドルの取引をしたい場合でも外貨預金ならば100万円を要する所ですが、F
Xでは多くて数十万円の金額が有れば取引が出来るのです。実際にFX会社に預け入れるお金の事を証拠金もしくは
保証金と呼んでいます。取引したい金額に対して、最低どのくらいの証拠金を預け入れる必要があるのかは、業者によって異なリます。FXは少ない金額で始められる。FXは取引額の数%~数十%の証拠金でOKです。売りから始められるのはFXだけで、売りから始められると言う事、つまり相場の状況を判断して外貨の売りからでも取引を開始する事が出来るので、円高、円安どちらの状況にも対応が出来るのです。こんな感じで書き込みました。

 

続きを読む≫ 2015/07/01 15:01:01

今から半年くらい前に、私は自分のFXの売買のやり方を大きく変えました。それまではちょっと独自の方法で売買を行っていたのですが、劇的に変えてみたのですね。
以前の自分の方法でも、そこそこの利益は発生していました。しかしあまり大きな利益が発生していないのも事実だったので、ちょっと利益率を高める為の方法を色々模索していたのですね。
ある時に、私は現在私が用いているFXの会社が提供している、ランキングというシステムに着目しました。一部の会社では、そのようなものを提供しているのですね。全ての会社にて、ランキングを見れる訳ではありません。
そのランキングでは、様々な方々のやり方を見てみる事ができます。そしてそれぞれのやり方の利益率なども確認できるのですね。
私が着目したのは、そのランキングで上位になっているやり方です。ランキングで上位になっている以上は、やはり優秀なやり方だと思ったのです。そもそも優秀なやり方でなければ、そこで上位になる事も無いでしょう。何か問題があるやり方の場合は、利益どころか損失になっている可能性もありますね。
ちなみに私がそのランキングに掲載されているやり方を見てみた時には、正直少し驚きました。世の中にはそのような考え方もあるのかなと、純粋に感動した覚えがあります。その半面、本当にそのやり方で大きな利益が発生するのかどうかが、疑問だったのも事実です。かなり特殊なやり方になるので、色々な意味で興味深かったですね。
しかし、物は試しです。実際にそのやり方で売買を行ってみたら、だいぶ利益率が上がってきたのです。ただそのやり方は、利益が発生するまでには多少の日数を要しますね。しかし今までの私のやり方に比べれば遥かに確実なので、今後もその方法で売買して行こうと思います。
このようにFXの会社が提供しているランキングに着目してみると、何かのヒントを得られる事がある訳です。もしも自分の手法に行き詰まりを感じているのであれば、ちょっとランキングを見てみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 15:01:01